病院向け病理検査システム WebBEAT

簡易な操作で業務の省力化と臨床向け結果参照が可能

WebBEATは、病院向けに開発された、Web環境で動作する病理検査システムです。
運用に合わせた柔軟性・拡張性のあるご提案で、省力化に貢献します。

  • 検体受付
  • 切り出し・免染入力
  • 診断入力
  • 画像登録・加工
  • 診断結果Web報告
  • データ入力支援
  • 各種統計

病院向け病理検査システムWebBEAT(ウェブビート)の特長

病理検査受付から診断結果報告までを強力にサポート

組織診、細胞診、剖検の検査受付から診断報告までの検査業務を、トータルにサポートいたします。
標本情報(受付、検体、ブロック、染色依頼、所見、診断等)と画像情報(ミクロ、マクロ、依頼書イメージ等)の一元管理が可能です。

+

入力サポート機能の充実

所見、診断結果を効率的に入力出来る方法を熟考。頻繁に発生する情報の自動表示等、ストレスなく使って頂ける、使いやすさをテーマにした機能が盛りだくさんです。
非常勤病理医が持ち帰って診断する場合、個人情報を除いた、診断入力用のExcel出力と、取り込みを行えます。

+

簡単な画像の取り扱い

取り込んだマクロ画像・ミクロ画像の編集加工が、簡単な操作で行えます。
病理診断に必要な画像の取り込みや、画像の二次利用が簡単な操作で行えます。

+

周辺機器やシステムとの連携

他システムや機器に関して、ソフトウェアベンダー、機器メーカーや機種を問わず、連携が可能です。

+

蓄積データの有効利用

診断依頼情報から、診断や所見から、任意の条件で検索ができ、日々、蓄積されるデータを有効活用。

+

Web環境でシステム稼働

Web環境で稼働するシステムのため、診断報告に特別な仕組みは必要なく、Webブラウザで診断報告の参照が可能。
また、導入後の端末追加時 でも、ライセンス料は発生しません。

+

病理検査システム

診断医が所属せず検査技師のみの施設から、診断医が複数人所属している施設まで、病理検査室の規模に合わせた、システムの提供が可能です。

  • >組織新依頼・細胞診依頼
    ・解検依頼画面
  • >切り出し・画像取込み画面
  • >細胞検査師診断入力画面

主な機能

●検体受付
組織診受付・細胞診受付・剖検受付
到着確認
●切り出し入力
切り出し入力
染色情報入力
●診断結果入力
組織診断入力・細胞診断入力
・剖検診断入力
●診断結果入力
組織診断入力・細胞診断入力
・剖検診断入力
●診断結果入力
組織診報告・細胞診報告・剖検報告診断Web報告
●検索機能
標本検索、詳細検索、症例検索
結果台帳、診断データ出力
●画像管理
マクロ・ミクロ画像、スキャナー画像
取込み画像加工
画像報告
●入力データサポート
既往病歴診断表示、診断
・所見マスタ選択絞込み
持ち出し診断情報登録
●病理機器間連携
フロストプリンター、
カセットプリンター
自動免疫染色装置、
自動薄切装置
●システム間連携
電子カルテ、がん登録

推奨ハードウェア仕様

サーバーPC Windows Server 2008 Xeon X3470/2.93GHz以上 4GB以上 500GB以上
クライアントPC Windows 7 Core i5 2310/2.9GHz以上 4GB以上 60GB以上
周辺機器 ・バーコードリーダー ・各種プリンタ 他
  OS CPU メモリ HDD
  • ●インテル、Core i5、Xeonは米国およびその他の国におけるインテルコーポレーションおよび子会社の登録商標または商標です。
  • ●Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標登録または商標です。
  • ●本Webサイトに登場する製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。
  • ●本Webサイトの記載事項は改良のため予告なく変更する事があります。あらかじめご了承願います。
  • ●本Webサイトに掲載している個人情報は、すべて架空のデータで作成されています。実在する個人及び団体とは関係ありません。
  • ※Windows Server 2008の正式名称は、Microsoft Windows Server 2008 です。
  • ※Windows 7の正式名称は、Microsoft Windows 7 Professionalです。